とんでる通販タウン

健康、美容、教育、家電からペットまでジャンルフリーで最新話題商品を紹介!!

薄くて軽い敷布団|ルナエアー

快適な寝具により健康へ向かう…
その目的のため、眠りに関する悩みを寝具を通じて解決し、より健康に暮らすことを目的とした寝具シリーズ「ルナエアー」を扱うショップです。

 

ルナエアー・グラッセ

 

「ルナエアー」はライフスタイルや住環境までも含めて本当に使う人のことを考え、悩みの解決に向けて真剣に取り組んだ寝具シリーズです。

 

「夜中に何度も目が覚める」「腰が痛い」「共働きで布団を干す時間がない」等、身体的な悩み、ライフスタイルの悩みは多種多様にわたります。

 

この悩みを、寝具を通じてどうやって解決するか。

 

その課題に真剣に取り組んだ結果生まれたのが「ルナエアー」です。

 

「ルナエアー」はシリーズ毎に異なった悩みにアプローチして、より健康な暮らしをサポートします。

 

「ルナエアー」誕生秘話

 

「ルナエアー」シリーズの第一弾である「Lシリーズ」ができるまでの話です。

 

消費者の声を聴き集めたところ、布団干しや上げ下ろしに苦労している声の多さに気づきます。

 

布団干しや上げ下ろしは主婦にとって大変な力仕事。

 

毎日布団を押し入れにしまう。晴れた日には外に干す。

 

当たり前のことですが、分厚く、重たい敷布団ではそれが「負担」となります。

 

この「悩み」を解決するためには寝心地にプラスして、「軽さ、薄さ」が必要になります。

 

寝心地をよくするためには芯材の密度を上げたり中綿の量を増やす必要があり、どうしても分厚く重たくなってしまいます。

 

寝心地と軽さ、薄さの両立は非常に難しい問題でした。

 

どうすれば重たい布団の上げ下ろしを楽にできるだろう…なんとか力仕事から主婦を開放したい。

 

でも寝心地を妥協したら意味がない!

 

その想いが原点となり、試行錯誤が始まりました。

 

《試行錯誤の歴史》

 

・ポリエステル硬わたを使用

 

一般的な敷布団にはポリエステルを圧縮した硬わたが用いられます。

 

寝心地をよくするためには芯材の密度を上げたり中綿の量を増やす必要があります。

 

するとどうしても分厚く、重たくなってしまいます。

 

薄く、軽くすると寝心地が悪くなり、快適な敷布団を作ることはできませんでした。

 

・軽量化のためウレタンを使用

 

ウレタンを使用することで軽量化に成功。

 

しかしウレタンは通気性が悪く、蒸れなど湿気の問題が発生します。
そこで湿気を通しやすい特殊形状のウレタンや、湿気を逃がすサイドメッシュタイプの考案。

 

「軽量化」には成功したものの、まだ「薄さ」の問題が解決できませんでした。

 

・薄さの問題が解決できない

 

年間100種類もの素材を試し、試行錯誤を繰り返すも納得のいくものを作ることができませんでした。
しかし、そんなとき転機が訪れます。

 

・L-fiberとの運命的な出会い

 

L-fiber、それは重量・厚み・弾力性・通気性、どれをとってもまさに探し求めていた素材でした。
寝転んでL-fiberのクッション性を確かめたとき、全社員がこれだ!と直感。
この素材なら薄くて軽くて通気性がいい敷布団を作ることができる。

 

まさに運命的な出会いでした。

 

そこからさらにL-fiberの密度・厚みに納得がいくまで改良を重ね、試作品が完成を迎えます。

 

さっそくL-fiberを使用した試作品を多くの方にモニターしてもらい、その効果を確かめてもらいました。
モニターの方からは「扱いやすい」「上げ下ろしが楽」「非常に寝心地が良い」とまさに求めていた声が返ってきました。

 

薄さ・軽さ・通気性・寝心地、どれをとっても文句なし。

 

いよいよ完成し、満を持して発売の時を迎えます。

 

すると、なんと初年度から1000本を超えるヒット商品に!

 

やはり布団干しや上げ下ろしに苦労している人がたくさんいらっしゃったのです。

 

それから「悩み」を解決し健康に暮らしていただくための寝具シリーズを「ルナエアー」と名付け、今ではシリーズ累計で1万本を超えるヒット商品にまで成長しました。